れいらさんの日記

海外でゆるく生きてます。つれづれと書いていくだけの日記

傷のいろいろ

韓国にすんでいて、日本がこの国を植民地化していた時代がそう遠くないということはほとんど感じられません。

あえて、残してる日本的な建造物や遺産などを見に行っても、それが韓国と何の関係があるのか意味がわからないほどです。

ソウルやプサンは更にそれを観光地化していて、深く考えさせられるような思いに駆られることもなく、商売気に妙に興ざめし、ああ、そうかふーん。という思いしか抱けませんでした。

ふとしたところに日本の存在を感じてびっくりしたのが、韓国のど田舎にすんでいたときのことです。


その時、本当に田舎にすんでいて、日本の醤油すら手にいれるのが難しい、回りにも日本人はほとんどいない状況でした。

フィリピンの山奥に居た時だって、日本人はたくさんいて、いつもとても楽しかったので、長い海外生活でも初めて本物のアウェー感を味わって居たときでした。

そのときに本当にびっくりした出来事がありました。

博物館になんとなく飾ってあった1910年のその地域の写真が、完全に日本だったんです。

いつもわたしが見ている、寂れた韓国の風景ではなく、田舎だけれども日本語で、薬屋さん、食堂があり、着物を着た人まで歩いていました。

ああ、ここが日本だったんだ、、こんな韓国の田舎の田舎まで日本にされていたんだ。と本当に背筋が凍る思いでした。
すがるような思いで探しても日本のもの何か一つもないこの田舎のスーパーが、当時は日本のもので溢れていたなんて。
日本語を話せる人がいなくて、いつも寂しくて泣いている。
子供の日本語教育をどうしようか途方にくれているのに、たった100年前ここは日本で、日本語を話せる人がいっぱいいて、学校は日本語で勉強するところだったなんて・・という事実にあまりの衝撃でした。

(知識ではもちろんしっていたんですが、ヘレンケラーの WATER!!!これが水なのね!の瞬間のようなものだったっと思います)


ここからは歴史認識の相違とか謝罪とかそういう難しい議論はまた別にして、ただ日韓のはざまにすんでいるものの生活ブログとしてお楽しみください。


 

その田舎にすんでいるときに、日本の運転免許を韓国の免許に切り替えに、免許センターに行った時のことです。

そこには、とりあえず目の検査結果にはんこを押すだけの(今にも死にそうな)超おじいちゃん先生のお医者さんが座っていました。

 

私が主人に何気なく日本語で話しかけると、その目を閉じて座っていたおじいちゃん先生は、”カっ”と目を見開き、私にヨロヨロと近づいてきました。


私は、瞬間的にただごとではない気配を感じて、おじいちゃんと目を合わせたまま動けなくなってしまいました。

おじいちゃん先生は、私の前までくると、ヨロヨロと指をさし、
「ここに・・住所と名前を・・・・・」日本語でおっしゃいました。顔を真っ赤にして。


わたしは、なぜか涙がとめどなくあふれ出てしまって、おじいさん先生に「すみませんでした・・」と言っていました。


なぜそんな言葉がでたのか自分でもよくわかりません。でもいま考えるとあれが日本人として初めての韓国への謝罪の言葉だったのかなあとおもいます。


おじいさんは遠い記憶をさぐるように私から目を離さず、目の奥をずっとみていた。

そのおじいさんは、ボロボロになった日本語の小説を持っていました。
主人が、日本語の本ですか?と韓国語できくと、ハっと我にかえったように、椅子にもどり、目を深く閉じてしまいました。

 

日帝時代のことを、教育やインフラを整え、日本は韓国にとてもいいことをした。という人がいたり、都合のいい写真だけを切り取り、ほら、この時代の韓国人はみな幸せそうだとか、いう人がいます。


でも、こういう問題はいいとか悪いとか、二元論の話ではありません。

 

おじいちゃん先生の中にも相当な屈折した想いがあることは、あの10秒間でもわかりました。

わたしへのあの眼差しをみれば、それが残虐で不合理なものだけだったわけではないとおもいます。
でもこの政策はよくて、こういうのはだめだ、こんな残虐な人達がいて、こんな最悪な思いもした。でもいい人もいた、日本語のこの言葉にすくわれた。不遇に扱われて、名誉を傷つけられた、おじいちゃん一人の記憶の中でこういう思いがうずまいているようにもおもいました。

 

しかし一つだけ確実にいえるのは
どんなことがあっても他国から、文化や言語を奪ってはいけないということ。
わたしが一番申し訳なくおもったのはこの部分だったとおもいます。


おじいちゃん先生が小さいとき、日本がこなければ、どんな人生になっていたんだろう。いまでも日本語で本を読むくらい日本語のほうが楽で身についてしまっていたら、日本的な考え方や性格の癖が知らずに入ってきてしまい、韓国では生き辛かったのではないのかなと思いました。

韓国に生まれて韓国で生き、韓国人なのに、本は日本語で読むというのは、とても寂しい気がします。そのおじいちゃんの純粋な韓国人としての人生を奪ってしまった。



なんだかいろんなことを想像させる10秒間でした。

 

 

 ☆

韓国の多文化共生

今日は午前中、国語の授業でした。
朝一番で、先生がお話されたことが、非常に心に残ったので、書き留めておきます。

今朝、先生がご覧になった韓国のニュースで、多文化(結婚移民者)の家庭で育った子供の73%が

”自分は韓国人である”、と答えたという調査だったそうです。


どんな内容のニュースかわからないのですが、先生はこれを見てとても悲しかったそうです。

韓国人は、単一民族のため、他国からの移民を無意識的に拒否している。

それを無意識にか、意識的にかわからないが
移民者に対して、完璧な韓国人化を要求し、そして、子供達にも韓国人のアイデンティティを持つよう、導いているのではないか、というようなことでした。


私の意見も全く同じで、当然、お母さんが外国人の家庭は、ハーフであり、完璧な韓国人である必要はない。母がベトナムなら、子はベトナムも韓国も愛してる・それでいい

でも韓国社会では、そういった多文化の家庭の子供は差別的な扱いを受けるため
2歳くらいになるといち早く子供を保育園におくり、子供を韓国化する。

韓国語の発音や、文化、いち早く染め上げ、自分たちのように差別を受けることがないように、できるだけ、多文化家庭であることを隠そうとする。

それは、外国人移民者のお母さんたちの深い愛情であるのだけれど、それではいけないんと思う


先生がおっしゃりたかったことはなんとなくわかる。

それではいけないのは韓国人の意識だ。


移民をの積極的な受け入れはしているけれど、それはイギリスや、アメリカ、フランスのような先進国の移民政策とは異なる。

現時点、厳しい言葉で言えば、韓国は少子化対策として
人を輸入し、”韓国人化”しているようなものだ。

多文化(Multicultural)とはいっているけれど、それは色んな文化を受け入れて”共生”しているものとは程遠い。

 

それでも、移民との共生は”無理だ、怖い、危険だ”、と、移民自体をハナから、拒絶して
少子化を甘んじていけいれ、国が弱体化している日本よりは、一歩先を行っているけれど


韓国には、もう一歩、先進的な考え方を作っていけるよう、背伸びして欲しい。


恐らく、時間が必要だとは思うけれど、もう1歩進んだ”多文化共生”ができれば

もう一段階上のグローバル化であり

”成熟した国”に近づくと思う。

コリア戦記

韓国の結婚移民に対する政策は、かなり先進的だとおもう。

人身売買とも悪名高き、東南アジア女性の結婚移民だけれども
それでも日本と比べたら、格段に韓国の行政対応はよい。

韓国は本当に行政のスピードが早い。

日本だと、”こっちを立てたらあっちが立たず”といった、解決の糸口もつかむ気すらない”議論の為の議論”がずっと繰り返され、全くもって進まない会議が多いが

韓国は、問題が出たら、すぐ、潰す。

潰したら、また違う問題が出てくるんだけど、とりえずまた潰す

そして、出てきた問題をすぐまた潰す。

一見、対処療法のようだけれども
それでも日本のように、いつまでも、議論議論して、一切手を打たないよりはずっといいと思う。

 


結婚移民についての問題も山積みだけれども
それでも行政ができる範囲の最善は常に尽くしている気がする。


現在、わたしは結婚移民者のためのセンターの真後ろに住んでおり
活動を”体系的”に観察できているので、これは本当に確かだと思う。


そんなセンターの移民者のためのプログラムのひとつに

”検定考試クラス”がある。


小さい頃、貧しさから学校に通えずに育ち、若くして他国に嫁ぎ、母親になった、東南アジアの移民者たちに、教育を受けさせてくれるプログラムだ。
たぶん、地域によって違うが、ここでは何年かがんばれば、小卒から高卒の資格までが取れる。


背景には、多文化の家庭に育った子供の学力の底上げを狙いがあり、先ず母親の教育を行うのだとおもうけれど、それだとしても、とても良いことだとおもう。

自分だって、もし子供の宿題手伝えず、質問にも答えてあげれなかったら
ほんとうにどんなに母親として、悲しいか、情けないか伺いしれない。

韓国政府、グッジョブである♪ 


そんな子供を思う気持ちで東南アジアの若いママさん達は
小学校の勉強から一生懸命はじめる。


楽しそうに学ぶ彼女達をみていると、生きるということに対して本当に真摯に向き合っている気がする。


自分は、ただ日本に生まれたというラッキーだけで、自発的な努力をせずに
流されて生きて来てしまった。

 

そんな彼女達に習い、わたしも、ほとんど忘れた大昔の教育をもう一度受けてみようかと
中学校のクラスから参加させてもらうことにした。

 

ただ、問題がひとつあり、この教育を受けるということは

”韓国の教育”を外国人が受けることである。

韓国人が韓国人のために行う、”韓国史”や、”世界史教育”を、外国人にも行う。


皆、各国立場は違えど、言いたいことは山ほどあるけど
韓国人の税金で、韓国の行政に無料で勉強させてもらっているので、もちろん何も発せない。
私も言われるがままに習っている。


前述したとおり、韓国は

”感情を記憶するために”歴史を教育する。

日本との間の歴史に関しては、ことさらに強く、感情的に長く授業が行われ
毎回、授業中、息が詰まる思いでいる。
(前述の通りであれば、後世に感情を伝達する為であり、しょうがない・・)


今日も、そんな雰囲気の中での授業中、

ある一人のフィリピン人のおばちゃんが、突然声をあげた。

 

先生、わたしの親戚のおじいさんは、日本がフィリピンにいた時代をしっているけれども、日本軍をそこまで悪くいわなかった。本当にフィリピンに本当に悪くしたのは別の国の人たちだった!と言っていた!そして、韓国は、いまフィリピンを植民地のようにしている。


それを聞いたベトナム人達も、堰を切ったかのように

先生、私達の国の戦争で、赤ちゃんを槍につき刺し、高々あげていたのは、韓国軍です。
強姦で、女性をたくさん妊娠させ、そのまま逃げました

と、次々と、、

 

わたしは、日本が韓国に対して行った大罪を、日々とても深くかんじている。
特にソウルを離れてからは、ふとした日常の生活の中に、罪を感じる日々であり、
心の中は毎回とても申し訳ない気落ちでいっぱいだ。
戦後保障のようなもので償いきれるものでは到底ない・・

 

でも、そんなこんなでも、殊更に強く反日感情を助長する教育には疲弊してきていて、、
でも発することができない気持ちがいつか爆発しそうだった。
でも、いろんな国の友達が助け船を出してくれたことが、今日は本当にうれしかった。


どれが事実とか、史実でないとかそういうものではなく、
その息の詰まる思いでいた、私を助けるために、そういう雰囲気を一掃するために、みながそういう意見を発してくれたのが、本当にうれしかった。

 

毎度書いているけれど、韓国に住んで、日本人だからといって日常的に嫌な思いをすることはほとんど無い。(というか一度もない)

こうやって、韓国の内部に、片足をわざわざ突っ込まなければ

やさしい韓国とだけ表面的に付き合い、住んで行くこともできる。

日本人とだけ付き合い、いやなことがあるたびに、集まっては韓国の愚痴をいい、
なんとなくその場はスッキリした気分で、ゴマかしながら生きていくこともできる。


でも、一度、韓国と正面から向き合う努力をしてみようとおもう。

消化できない部分をちょっとづつ丁寧に紐といていく努力をしてみようとおもう。

そして、いろんな事情で、韓国にきている、友人たちの立場からも、多角的に韓国をみていこうとおもう。
 

 

書きながら整理しているので、オチ無し系のネタをまた徒然書いていくと思います。

暇な方お付き合いください

つづく♪