れいらさんの日記

海外でゆるく生きてます。つれづれと書いていくだけの日記

2か月で10キロ痩せました♪


今まで、りんごダイエットをはじめ、ゆで卵ダイエット、豆腐ダイエット、バナナダイエット

フラフープ、ストレッチ、マッサージ、ボクシング、スポーツジム、ウォーキング etc・・

ありとあらゆるダイエットを試してきて痩せなかったわたしが






2か月半で11キロ減しました。







どうやって痩せたのかよく聞かれるので

ダイエット中の方の参考になればなと

また今後、自分がまたダイエットを始めた時の為に

メモ代わりに日記に記録しておこうと思います。





まず、簡単に言うと私がしたのは“断糖”“断油”です。



心にとめておくことは



★糖質をとらない
(糖質=ケーキ、甘いお菓子、甘い飲み物、アルコール、米、パン、麺類などの炭水化物)




★動物性脂肪をとらない
(動物性脂肪=バター、牛乳、肉の脂身部分)





このふたつだけです。







今回は通常のセオリーからはずれ、運動は全く行いませんでした。

というのも私の場合、運動が好きなので、運動をはじめるとやりすぎてしまい,

そのため、運動後ものすごくお腹がすき、結果食べ過ぎてしまうのです。

また、運動を始めると筋肉がつき始め、筋肉は脂肪よりも重い為、体重も増えていき

モチベーションを保つのがむずかしくなってくるので

むしろ意識して動くのをやめました。




しかし、これは私の場合 (現時点、十二分に筋力を持っている場合) に限ると思うので

一般的な筋肉量の女の人は多分運動したほうがいいです。

なぜならば人間は、ダイエットで食事の中のタンパク質が減ってくると

自分の体の“筋肉”を分解してタンパク質を作り出します。

そのため、ダイエットを始めると、体の筋肉がどんどん減っていき
体重は減っているけど、脂肪はへっていないという状態に陥ります。

そうなるとどうなるかというと

ダイエット終了後、体全体の筋肉量が減っているので

“前と同じ分だけ食べてもすぐ太る”という現象が発生します。




これが“リバウンド”のメカニズムです。




わたしは今ある筋力を維持するため、食事でとるタンパク質の量をかなり増やしました。

“納豆、卵、豆腐、鶏肉”のどれかをかならず毎食とるようにしています。

タンパク質にも、動物性(肉、卵、牛乳、魚)と、 植物性(大豆など)がありますが

動物性脂肪はできるだけカットしたいところなので

タンパク質も植物性がいいと思います。








☆れいらが冷蔵庫に常備している、食べてもいいもの☆

・卵
・豆腐
・納豆
・ブロッコリ-
・オクラ
・にんじん
・大根
・いんげん
・かんてんゼリー
・板こんにゃく
・こんにゃくそうめん
・なめこ
・えりんぎ
・鳥のムネ肉、ささみ
・豚のヒレ肉

・パルスウィート
・オールブラン
・玄米フレーク
・おかゆ(フリーズドライタイプ)





カロリーが低いものはたくさんありますが、私が冷蔵庫に常備したのは上記です。

これは完全に“れいらSelection”なので、常備するものは個々の好きな物を選んでください。




選ぶ基準は




☆毎日食べても飽きないほど好きなもの。

☆ローカロリーなもの。

☆値段が安いものです。




“値段が安い”というのが一番のポイントです。




なぜならば、ダイエットとの為とはいえ、手が係ったおいしい物ではない物にお金を払い続けるのは、長く続けるとしんどくなってきます。

○HCなどのプロテイン系の、一食置き換えダイエットなども試しました。

非常に効果は高いのですが、美味しくない&お腹いっぱいにならない ものに、一食1000円近く

ブランドによってはもっと掛かる物もあります。

一般庶民が続けるのは金銭的には厳しいです。

ダイエットは長い戦いになると覚悟を決めましょう

続けやすい、“安くておいしくローカロリー”をえらびましょう




わたしは毎日ブロッコリーは2個。
オクラも2パック主食として食べているので、これで1日400円。

他の物も食べるのですが、3食あわせても、自分に使う食費は一日1000円以下に抑えるようにしています。
(でも外食はしないから、1日3食 食べて、1か月の食費が3万円ならむしろちょっと安いくらい)

野菜は高いものが多いので、卵やお豆腐、納豆を積極的に取り入れると栄養的にも、金銭的にもGOODです。










文章にすると長くなってしまうので、以下、“Myルール”や気をつけること、裏ワザを箇条書きしていきます。




★糖質を絶対とらない。
(糖質=ケーキ、甘いお菓子、甘い飲み物、アルコール、米、パン、麺類などの炭水化物)



★動物性脂肪を絶対とらない。
(動物性脂肪=バター、牛乳、肉の脂身部分、植物性の油、魚の脂分は可。特に鮭の油はお肌によい。しかし食事全体のカロリーには気をつけること)



★アルコールを取らない。
(アルコール自体よりも、酔うと自制が難しくなり食べ過ぎてしまうため)



★主食をブロッコリー、オクラに変える



★卵、納豆、豆腐、とりのムネ肉(脂身を落としたもの)などの良質なタンパク質は、毎食どれか必ずとる



★お腹がすいた時はゼロカロリーのかんてんゼリーはを思う存分、気がすむまで何個でも食べる



★こんにゃく料理を極める。

炒め物や味噌汁など、出来るだけ使い料理の量を増す。味付けを濃くすると満足度満点




★仕事中、小腹対策には、ケロッグの“オールブラン” を

牛乳無しでポリポリ。食物繊維が豊富なので、お通じにもGOOです。
生理前甘いものが食べたくなってどうしようもないときは、限定的に甘いフレークを食べました。
黒糖玄米フレークが劇うま




★カフェオレはかならず自分で作ること

カフェオレは大好きなのでやめられず、タンブラーを持ち歩き、パルスィートと低脂肪牛乳で必ず作って飲むようにしています。
Bledyは冷たい牛乳にも溶けるので便利です




★ゆで卵をいつも2つ持ち歩く。

会社帰りなど、すごくおなかがすいた時、誤ってコンビニなどで悪い物を食べてしまわないように、我慢せずにすぐ卵を食べる習慣を




★アーモンドなどのナッツを持ち歩く。

ナッツのカロリーは高いですが、油分が良質なのでお肌のために取ったほうがよいです。




★お腹が空いたら炭酸水を飲む

炭酸水を飲むとお腹が一時的に膨れ、満たされます。
手にはいりずらい場合はコークゼロなどでもいいけれど、水というのがあくまでポイント。
水を飲むと体全体の代謝がよくなり痩せやすくなるので、できれば一日3本。午前、午後、夜にわけてとってください。
できれば本物のガスミネラルウォーターがいいけど高いので、わたしはお酒を割るようなどにつかうものをのんでいます。
500mLで1本88円(AEON)




★植物性の油は毎日おおさじ1杯必ずとる

断油と書きましたが、油分をまったくとらないとお肌もあれるし、体も錆びるので、良質な植物性の油をおおさじ一杯はとるように心がけてください。
私は値段が安いオリーブオイルを使用。
野菜を炒めたり、卵を焼いたりする時に使いました。




★パルスィートの液体を常備

味の素から出てる、カロリーゼロの砂糖です。非常に便利でした。
アミノ酸でできているタイプがお勧め。
卵焼きや煮物、コーヒーなど何にでも。
ストレスなくダイエットを行う必需品!必ず用意してください




★青汁を常備

スティックタイプなら外出先などで気軽にのめて、水より満足感があるのでGoo




★Yahoo のダイエットダイアリーを毎日つけてカロリーを計算する。

今回の成功ポイントです。かなりものぐさなわたしでも楽しく続けられました。
カロリーや体重、食べたものを毎日記載することで、専門家からが定期的に適切なアドバイス届きます。
食べ過ぎているものや、控えたほうがいい物もわかるし、体重もグラフにしてくれるので、変化がわかりすごく楽しいです。
Mixiのようなコミュニティがあり、コメントしたり、励ましあいながらダイエット中の孤独や弱さとみんなで戦います。
これは本当におすすめ!




★ お弁当持参。これは厳守。

コンビニにもカロリーの低いものもありますが、ダイエット中は入るのを極力控えた方がよいです。
誘惑がいっぱいです。お弁当はブロッコリー、オクラ、ゆで卵、納豆、かんてんゼリーが私的にはGoo。
朝用意するのは面倒なので、前日夕飯を準備するときに一緒に作ってしまっています。




★時間がある時に、こんにゃく、大根、ニンジン、キノコ、豆腐、鶏肉をまとめてお湯で煮ておく。(好きな物でよい)

料理をするのが面倒な時もあるので、これに味噌をいれてけんちん汁にしたり、親子丼風に卵で閉じたり、キムチの素をいれたりすると、一瞬で料理っぽい物が出来上がります。
お腹が空いてる時はとりあえずこれを食べて、満たされてから考えると食べ過ぎないですみます♪




★一日の摂取カロリーが大体1000〜1300カロリーになるくらいにする

基本、上記に記載した低カロリー品のみを食べていれば、大体これくらいになると思います。
ただし肉や植物油も無制限にとっていいわけではないので全体のカロリーを計算しましょう。
オリーブオイルはおおさじ一杯100カロリーです。これ以上とると、他の食べ物を制限する必要が出てくるので気をつけましょう。


★ダイエット中は外食を控える為、友達付き合いは控えた方がよい。

おそらく2.3か月で効果は出るだろうし、2.3か月会わないくらいで縁が切れる友達なら切った方がよいかも
特に平日仕事帰りに会うことになると、時間的に “飯&飲み”になってしまいます。
かといって誰にもあわなくなると、精神的に支障が出るので、わたしはSkypeでビデオカメラを使っておしゃべりを楽しみました。
また土日の午後、昼食を家でとったあと友人と会い、お茶をし、夕飯前に帰るなどをすれば、外食を避けられます。
同じくダイエットをしてる友達と週末は GYM や 山登り を楽しむなどするとよいですね♪







以上、“断糖、断油 ダイエット”にあたり、ルールです。

長々とかきましたが、これは続けやすくする為の、自分流の裏ワザのメモなので、気にしないでください。


要するに


★糖質をとらない

★動物性脂肪をとらない


をきっちり守れれば、3か月で10キロは落ちると思われます。




とは言え、元がデブすぎて、11キロやせたところで、まだまだデブなので、も少し続けなくてはなりません。

また経過報告いたします。

ダイエット中の方いらっしゃいましたら、連絡ください。

励ましあってお互いがんばりましょう。






参考文献


肉食ダイエット―肥満外来の名医がすすめる | 荒木 裕 | 本-通販 | Amazon.co.jp


世界一の美女になるダイエット | エリカ アンギャル, Erica Angyal | 本-通販 | Amazon.co.jp